インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。
インフルエンザにかかった人が咳やくしゃみなどをすることにより、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。
典型的な症状は、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などで、のどの痛み、咳、鼻水などもみられ、普通の風邪に比べて全身症状が強いのが特徴です。


インフルエンザの予防法

予防の基本はワクチン接種を受けることで、インフルエンザにかかってしまった場合の重症化防止の方法としても有効とされています。
また、インフルエンザは、インフルエンザにかかった方の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染するため、インフルエンザが流行してきたら、人混みや繁華街への外出を控えることが大切です。
特に、高齢者の方や慢性疾患を持っている方、疲れていたり睡眠不足の方は注意が必要です。

インフルエンザ予防接種の有効性

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまで約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。毎年の流行期間が12月~3月ですので、12月上旬までに接種された方が良いかと思います。
尚、お子様で2回接種する場合、2回目は1回目から2~4週間あけて接種します。

インフルエンザ予防接種の副作用について

接種後注射の跡が、赤みを帯びたり、腫れたり、痛んだりすることがありますが、通常2~3日のうちに治ります。 また、発熱、寒気、頭痛、全身のだるさなどの症状がみられることもありますが、通常2~3日のうちに治ります。

※ 接種後30分以内にアナフィラキシー ショックの症状が現れる可能性があります。接種後、急に気分不快を感じられた場合は、すぐにお申し出ください。万が一の時のためにショックを緩和するお薬を用意しております。非常にまれな反応ですが、ご不安などおありの方は、まずはお気軽にご相談下さい。


インフルエンザにかかってしまったかもしれないと思われた場合

インフルエンザ迅速診断キットによって、インフルエンザにかかっているのかただの風邪なのか、A型なのかB型なのかを判定することができます。発症から24時間以上経過をしていると、90%以上は反応が出るとされています。24時間以内ですと、インフルエンザにかかっていても陰性に出る可能性があります。しかし、会社や学校でインフルエンザにかかっているかどうかは問題となりますので、まずは気になったらいち早く受診なさってください。


インフルエンザにかかったことが確定した場合

抗インフルエンザ薬が保険で処方できます。以前よりあるタミフル(内服)、リレンザ(吸入)は、5日間使用しないといけませんが、新しい薬であるイナビル(吸入)とラピアクタ(点滴)は、1回使用すればよいものですので、使用した翌日には熱が下がってきます。かかっても強い味方がありますので、我慢しないですぐに受診なさってください。


医院概要

あいクリニック

〒162-0822 東京都新宿区 下宮比町3-2
飯田橋スクエアビル2F
TEL:03-6265-3885

・「飯田橋駅」より徒歩2分

診 療 時 間
09:00~12:00
17:00~19:00

※休診日:第1・3・5土曜日、日曜、祝日
※土曜日の診療は第2・4土曜日となります。

飯田橋スクエアビル1階日本調剤薬局さんの横エントランスを入り、奥エレベーターで2階にお上がりください。




ページのトップへ