内科

内科

発熱、のどの痛み、鼻水、咳、息苦しい、動悸、息切れ、頭痛、吐き気、嘔吐、口の渇き、腹痛、胸焼け、下痢、便秘、頻尿、残尿感、めまい、手足のしびれ・痛み、関節痛、不眠、不安、体重減少、倦怠感、発疹、排尿障害、出血傾向、意識障害などの症状
かぜ、インフルエンザ、肺炎、脂質(中性脂肪、コレステロール)異常症、糖尿病、高尿酸血症、痛風、貧血、胃腸障害、逆流性食道炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、気管支喘息、肺炎、気管支炎、COPD、片頭痛、甲状腺疾患、肝臓病、胆石症、腎臓病、骨粗鬆症、肥満症、メタボリックシンドローム、不安神経症、睡眠障害、逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸炎、血尿、悪性腫瘍の疑いなどの疾患

※予防医学
健康診断、予防接種、生活習慣病、禁煙外来、睡眠時無呼吸症候群、ストレス対策、栄養補助治療など

※次のような症状の方はお気軽にご相談ください。

・発熱、咳、喉の痛み
・腹痛、頭痛、胸の痛み、動悸
・嘔吐、下痢、血尿、便秘
・倦怠感、体重減少、肥満
・花粉症などのアレルギー症状など


かぜ

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・せき・たん・のどの痛みなどの呼吸器症状のほか、発熱・頭痛・倦怠感・筋肉痛・関節痛・食欲不振などの全身症状、嘔吐・下痢の胃腸症状など、「かぜ」にかかるとこのような症状が現れます。


高脂血症

血液中の脂質(中性脂肪やコレステロール)が多い為に引き起こされる疾患です。

これら余分な脂質は、動脈の壁に付着して血管を硬く狭くし、いずれ動脈硬化を引き起こします。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは血管内や細胞内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。

高脂血症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足などが考えられます。

睡眠時無呼吸症候群

何らかの理由で睡眠中に気道の通りが悪くなり、呼吸が一時的に止まってしまう状態が繰り返し何度も起きてしまう病気を睡眠時無呼吸症候群といいます。

大きないびきのあとに呼吸が止まって、しばらく静かな状態が続きいびきが止まったかと思うと、また大きないびきが始まるというのが睡眠時無呼吸症候群患者の典型的ないびきで、こうした特徴の、いびきをかいている人は、睡眠時無呼吸になっている可能性が高いと言われます。

当院での治療方法は「鼻CPAP」という鼻マスク療法を行っております。

これは睡眠時無呼吸症候群に用いる装置で、頭部で固定するゴムマスクを鼻に装着して、ポータブルのコンプレッサーを使用して加圧した空気を鼻から送り込むものです。

鼻CPAPはほとんどの患者様に有効な治療法です。

重症の患者様でも健康な人と全く同じように昼間眠気のない快適な生活が送れるようになり、虚血性心疾患や脳血管障害の予防効果にもなります。

※症例により鼻CPAP治療は健康保険の適用となります。



医院概要

あいクリニック

〒162-0822 東京都新宿区 下宮比町3-2
飯田橋スクエアビル2F
TEL:03-6265-3885

・「飯田橋駅」より徒歩2分

診 療 時 間
09:00~12:00
17:00~19:00

※休診日:第1・3・5土曜日、日曜、祝日
※土曜日の診療は第2・4土曜日となります。

飯田橋スクエアビル1階日本調剤薬局さんの横エントランスを入り、奥エレベーターで2階にお上がりください。




ページのトップへ