健康診断

健康診断

何故、健康診断が必要なのでしょうか

現代は予防医学の時代です。 生活習慣病は早期発見が大切であり、生活習慣病と呼ばれる病気の多くは症状が現れてからでは治療が長引き、重大な合併症を引き起こす可能性が高くなります。

生活習慣病にならないためには、健康な時の心がけ、そして自分自身の健康状態をチェックするために定期的に健診を受ける事が大切です。

生活習慣病とは、食事の偏りや運動不足、飲酒、喫煙、ストレスの蓄積など、自分自身の生活習慣を見直すことで予防できる疾病のことをいいます。
ガン・心臓疾患・脳卒中の他に高血圧、動脈硬化、糖尿病、肝臓や腎臓の病気など、30~50代の働き盛りの人に多く発症します。

これといった自覚症状がない厄介な生活習慣病を予防する為には、年1回の健診を受けることで、早期発見・早期治療することができます。

進学・就職などで健康診断書の必要な方、または特定健康診査(特定健診)や職場での健診を受けなかった方、受けられなかった方は是非お気軽にご相談下さい。

あいクリニックでは、目的に合わせた健診メニューがありますので、詳しくはお問い合わせ下さい。


新宿区の特定健診

新宿区では平成20年度より、40歳~74歳の各種健康保険の加入者の方を対象に、メタボリック症候群や生活習慣病などを対象とした、特定健康診査を実施しています。

メタボリック症候群は、放っておくと動脈硬化が進み、心疾患や脳血管疾患など命に関わる病気を引き起こすといわれていますが、生活習慣の改善により内臓脂肪を減少させることで、それらの発症リスクの低減が図れることが明らかとなっています。

メタボリック症候群の該当者、または予備軍と判定された方には、特定保健指導が行われます。

新宿区の特定健診とは

特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目した健診で、以下の項目を実施します。

基本的な項目

・質問票(服薬歴、喫煙歴等)
・身体計測(身長、体重、BMI,腹囲)
・血圧測定○理学的検査(身体診察)
・検尿(尿糖、尿蛋白)
・血液検査
・脂質検査(中性脂肪、HDL コレステロール、LDL コレステロール)
・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)


詳細な健診の項目

※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施

・心電図
・眼底検査
・貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)


一般健康診断(企業健診・定期健診)

労働安全衛生法第66条に「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない。」とあります。

・雇い入れ時健康診断(安衛則43条)
・定期健康診断(安衛則44条)

あいクリニックでは、労働安全衛生法に基付いた各種健康診断を行っております。
また各企業様や個人様のご要望に対しての個別な健康診断も可能です。
どうぞお気軽にご利用いただければと思います。

一般定期健康診断・雇い入れ時健康診断項目

・既往歴及び業務歴の調査
・自覚症状及び他覚症状の有無の検査(喫煙歴等の聴取も)
・身長、体重、BMI、腹囲、視力検査、聴力検査
・胸部レントゲン検査
・診察、血圧測定
・血色素量及び赤血球数(Hb,RBC)、ヘマトクリット(Ht.)白血球数
(WBC)、血小板数(PLT)の検査
・肝機能検査(GOT,GPT,γGTP)
・血中脂質検査(LDLコレステロール,HDLコレステロール,血清トリグリセライド)
・血糖検査(HbA1cに代替可能)
・尿検査(糖及び蛋白の有無)
・心電図検査


医院概要

あいクリニック

〒162-0822 東京都新宿区 下宮比町3-2
飯田橋スクエアビル2F
TEL:03-6265-3885

・「飯田橋駅」より徒歩2分

診 療 時 間
09:00~12:00
17:00~19:00

※休診日:第1・3・5土曜日、日曜、祝日
※土曜日の診療は第2・4土曜日となります。

飯田橋スクエアビル1階日本調剤薬局さんの横エントランスを入り、奥エレベーターで2階にお上がりください。




ページのトップへ